1. TOP
  2. 話し方セミナー
  3. アナウンサーも活用!効果的に情報を伝えるペースを変える話し方とは

アナウンサーも活用!効果的に情報を伝えるペースを変える話し方とは

士業・専門家のトークスキルを磨いて売上向上につなげる、合同会社STYのアナウンサー、堀江政史です。

今回は、アナウンサーが身に着けている、伝えるための【4つの変化球】をご紹介します。

声の強調を活用し、大事なことをしっかり伝え、顧客満足度を高めていきましょう!

顧客満足度を上げる話し方、アナウンサーが駆使する、伝えるための4つの変化球とは

先日、電車に乗ると、近くに子連れの家族がいました。

どこへ行きたい。

あれがほしい、これがほしい。

子どもたちが大声で、保護者にアピールしていたんですね。

話の内容を強調するとき、大事なことを伝えたいときには、必ずと言っていいほど、話のリズムに変化を加えますよね。

その変化で、相手に対して、これは大事なことなんだよ、これが伝えたいことなんだよと示します。

ワンペースで変化のない話し方ですと、結局、どこが強調したかったのか、どこを伝えたかったのか、わかりにくくなってしまいます。

でも、セミナーや講演だと、必ずと言っていいほど、どこかに肝となる部分、聞き逃してほしくない部分を盛り込みますよね。

聞く側に、重要性をしっかりと認識してもらい、課題の解決に役立ててもらいたい。

経営のわだかまりを解消してもらい、より、前向きに進んでもらいたい。

そうした思いを声の変化で明示することで、理解度の向上につなげていきましょう。

その、強調の仕方について、アナウンサーが使うトークの変化球をご紹介します。

種類は4つありまして、

・声の大小

・音の高低

・速度の緩急

・間

といったものです。

顧客満足度を上げる話し方、アナウンサーが駆使する、伝えるための4つの変化球「声の大小」

大事なところは声を大きく、流しても大丈夫といった部分は声を小さくする。

もしくは、逆に声を小さくすることで、聞き手の注意をひいて、大事なことを伝える。

声の大きさに変化を加えて、大切な内容を伝えていきます。

4つの変化球のなかでは、比較的、取り組みやすい強調の仕方です。

顧客満足度を上げる話し方、アナウンサーが駆使する、伝えるための4つの変化球「声の高低」

声の大小に似ているところもありますが、大事なところは声を高く、流しても大丈夫といったところは声を低くする。

声の高さ、低さに変化を加えて、話のポイントを相手に届けます。

声の高低は、声の大小とともに、使いやすい話し方です。

ここに、大人の話し方、「緩急」や「間」を盛り込むと彩り豊かで聞き手も集中して話を聞くトークにつながります。

顧客満足度を上げる話し方、アナウンサーが駆使する、伝えるための4つの変化球「緩急」

大事なところはゆっくりと、流しても大丈夫な部分は早くしゃべります。

ニュースやナレーションでも、大切なフレーズはペースを落として、しっかりと聞き取りやすいように話します。

これによって、どこが重要なのか、聞き手にわかってもらえます。

顧客満足度を上げる話し方、アナウンサーが駆使する、伝えるための4つの変化球「間」

大事なところの直前に「間」を設けて、相手の注意をグッと引き寄せます。

この「間」も、ニュースやナレーションでは必須の変化球です。

これから覚えておいてほしいことを話しますので、準備をお願いしますね、というイメージをもってもらいます。

例えば、ニュースの中で、総理大臣や官房長官の会見内容を伝えるとします。

この会見の中で、総理大臣や官房長官が話した部分の前に、一呼吸、「間」を設けることで、ここからポイントになる内容をお伝えしますよ、という印象を抱いてもらいます。

まとめ

人気があったり、飽きがこなかったりといったセミナー講師の話し方を観察してみると、この4つの中でも、緩急や間をうまく使っています。

大事なところはゆっくりと、聞かせどころには間を置いて、というような話し方です。

そして、4つの変化球の効果を発揮させるには、事前の練習が必要です。

どこで間を取りたいのか、どこをゆっくり話して、どこでペースを上げるのか。

特に大事なところは、練習を重ねて本番につなげていきましょう。

ということで、今回は、アナウンサーが使う声の変化4種類をご紹介しました。

声の大小や高低は、比較的、使いやすい強調ですので、まずは、感覚をつかむという意味でも、話の中で特に大事な部分で意図して使ってみるといいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

メディア販促ラボ@合同会社STYの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メディア販促ラボ@合同会社STYの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

合同会社STY 堀江政史

合同会社STY 堀江政史

合同会社STYのスタッフでアナウンサーの堀江政史です。自らの経験をもとに士業・専門家のトークスキルを高め、メディア出演&活用を支援し、社会的信頼の上昇や集客力・営業力の強化につなげる活動を行っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2022年6月16日】キャンプで淹れるおいしい珈琲(著:小林キユウ氏)書籍15秒CM出演:男性ナレーター堀江政史

  • 【2022年6月16日】マンガでわかるジャズ(著:山本加奈子氏)書籍15秒CM出演:男性ナレーター堀江政史

  • 【2022年6月16日】山登り語辞典(著:鈴木みき氏)書籍15秒CM出演:男性ナレーター堀江政史

  • 【2022年5月24日】千年の読書(著:三砂慶明氏)書籍15秒CM出演:男性ナレーター堀江政史

関連記事

  • 声の裏返り対策は一呼吸入れることにあり

  • 笑顔のトレーニングで気持ちを引き寄せる

  • 視線を合わせるのが苦手な人が人前で話すときには「あそこ」を見て対応する

  • 聞き取りやすいアナウンサーの話し方「最後まではっきり話す」

  • 今すぐできる!話し方を学ぶ第一歩におすすめの思考法とは

  • セミナー・講演講師が会場で話す際の視線の動かし方