1. TOP
  2. 話し方セミナー
  3. 笑顔のトレーニングで気持ちを引き寄せる

笑顔のトレーニングで気持ちを引き寄せる

士業・専門家のトークスキルを磨いて売上向上につなげる、合同会社STYのアナウンサー堀江政史です。

今回は、仕事を引き寄せるための、笑顔のトレーニングについて書いていきます。

笑顔のトレーニングが仕事に結びついた!

人前で話すのに慣れていない人を、じっくり見ていると、
「真顔でしゃべっている」
「まだ表情が硬い」
と感じことがあります。

やはり、もったいないような気がします。

笑顔に引き寄せられる仕事も、数多く存在していると考えているからなんですね。

私も、フリーランスになった直後、営業用の写真を何枚も撮りましたが、思うように表情が作れず苦戦しました。

結局、表情が硬くなった写真になり、オーディションに応募しても写真選考で落とされてばかりでした。

そこから、笑顔の練習のスタートです。

鏡の前に立って、笑顔の練習をした結果、写真の表情も変わってきました。

撮りなおした写真を使うと、そこからは、状況が一変、書類審査やオーディションに通過するようになりました。

こうした経験から、笑顔に引き寄せられる仕事もあるんだなと感じています。

スピーチやセミナーでは、笑顔を意識することで話し手の人柄に好印象を与えます。

せっかくセミナーの中身を仕上げていても、最終的に伝える人物の表情が硬いと距離というか、壁というか、隔たりを感じてしまうんですね。

となると、セミナーを通して、多くの方々の悩みを解決し、顧客の満足度を高めるには、やはり笑顔が大切です。

さらに、業務を拡大させるという当初の目標に近づくためにも、笑顔は欠かせないものです。

ということで、明るい笑顔を演出できるように、表情筋のトレーニングをして損はありませんよ。

ポイントは目をぱっちと開き、口角を上げること

これは、鏡を見ながら、トレーニングをしていきましょう。

ちなみに、表情の筋肉は、優しく動かしてあげてくださいね。

目をぱっちり開くには、

・10秒かけて、まぶたを限界まで上げる

・上げきった状態を5秒間キープする

・10秒かけて、自然な状態に戻す

これを3セット行います。

口角を上げるのも、同じような動きで、

・10秒かけて、口角を限界まで上げる

・上げきった状態を5秒間キープする

・10秒かけて、自然な状態に戻す

これを3セット行います。

ともに鏡を見ながら、動きを確認しながら進めるのがおススメです!

ということで、今回は、笑顔のトレーニングについてお伝えしました。

鏡の前に立って、目をぱっちりと開けるところからやってみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

メディア販促ラボ@合同会社STYの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メディア販促ラボ@合同会社STYの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

合同会社STY 堀江政史

合同会社STY 堀江政史

合同会社STYのスタッフでアナウンサーの堀江政史です。自らの経験をもとに士業・専門家のトークスキルを高め、メディア出演&活用を支援し、社会的信頼の上昇や集客力・営業力の強化につなげる活動を行っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2022年8月16日】「2022YJSトライアルラウンド金沢 リポート動画」出演:男性ナレーター堀江政史

  • 【2022年7月20日】こども手に職図鑑(編:子供の科学と手に職図鑑編集委員会)書籍15秒CM出演:男性ナレーター堀江政史

  • 【2022年7月20日】ブッシュクラフト大人の野遊びマニュアル(著:川口拓氏)書籍15秒CM出演:男性ナレーター堀江政史

  • 【2022年6月16日】キャンプで淹れるおいしい珈琲(著:小林キユウ氏)書籍15秒CM出演:男性ナレーター堀江政史

関連記事

  • セミナーや講演に活かす!わかりやすい伝わる話し方のコツ3つの基本型

  • 視線を合わせるのが苦手な人が人前で話すときには「あそこ」を見て対応する

  • 人前で話す緊張の場面、アナウンサーがあがり症対策として推奨する勝利の3本柱

  • 今すぐできる!話し方を学ぶ第一歩におすすめの思考法とは

  • アナウンサーが心掛ける一音一音を丁寧に話す練習とは

  • 聞き取りやすいアナウンサーの話し方「最後まではっきり話す」